【注意】寝起きに口が乾燥する原因とは?

口臭情報まとめサイト

寝起きって口が渇くって思うことは誰にでもあることですよね。だから水分をたくさん摂ります。

朝起きてからまずやることはコップ1杯の水を飲むことなんです。これは私の毎日の日課になっています。

寝起きに口が乾燥してしまうのってなんでかわかりますか?

寝起きの時に口が乾燥してしまう原因は、寝ている間に唾液の分泌量が減ってしまうからなんです。寝ていれば唾液の量が減ってしまうのはわかりますよね?

唾液はつばともいいます。寝てる間はつばが出なくなるので、どーしても口の中が乾いてしまうんです。
もちろん寝ている間水分補給することもできません。

だから口の中が乾いてしまうのは誰だって起こってしまう現象なんです。

どうして自分だけが寝起きに口が乾いてしまうんだろうって悩まないでくださいね。どんなに健康的な人であっても、朝起きた時は、口が乾燥しまうものなんですから。

寝ている間につばがでなくなったら、口の中ではどんなことが起こっていると思いますか?

あまり言いたくない話なんですけど、細菌が増えているんです。口にはあまり良い影響を及ぼさない細菌が増えているんですね。歯周病菌や虫歯菌などの悪い影響を与えるグループです。それらは嫌気性細菌と呼ばれているみたいです。けんきせいさいきんと読みますよ。

嫌気性細菌は、人は夜寝ている間の口の中でどんどん増え続けます。口の中に食べかすなどが残っていると、それらを嫌気性細菌が分解してしまい、それらが口の中で匂うようになってしまうんです。これが口臭につながってしまうわけなんですね。

ですので、寝起きは口臭がしてしまうんです。寝起きの口が乾燥してしまってる状態とは口臭がしやすい環境だといえるんですね。

口臭がしないようにするには、夜寝る前にしっかりと歯ブラシで歯を磨くことです
。そうすることで口臭が強くなるのを抑えることができます。

もし歯を磨かないで寝たとしたら、歯を磨いて寝た時と比べて口臭が強いものになるといえるわけですね。

そして夜寝る前だけでなく、朝起きてからもしっかりと歯磨きをすることが大事です。うがいだけで済まそうと思っていてはいけません。

口の中の嫌気性細菌は、うがいだけではきれいになりません。ですので、しっかりと歯ブラシをするように心がけましょう。
 
朝はあまり時間がないという場合は、早起きしてゆとりのある生活をした方がいいですね。ゆとりがない生活をしていると口臭も強くなるといっても過言ではないと思います。