歯垢とは?プラークとは?歯石とは?

口臭情報まとめサイト

歯垢はちょっと黄色くなっている物体のことをいいます。歯が黄ばんでいる状態は歯垢が原因で黄色くなっているということになります。

歯垢は別の呼び方でいうとプラークとも言われています。歯くそいとか歯カスも歯垢と同じ類のものですね。バイオフィルムと呼ばれることもあります。

厳密に言うと歯垢は、食物のカスとは違います。細菌と代謝したもののかたまりが歯垢です。歯垢は、白い歯を黄ばまさて、ネバネバしてます。

歯垢1グラムあたりには1億個以上の細菌がこびりついています。

細菌は歯についてしまっても、通常は唾液によって流されることが多いです。でも、唾液の量が少なくなったり、唾液が届かない場所についてしまった細菌達はどんどんその数を増やしていきます。

細菌の中でもミュータンス菌と呼ばれるものは、歯にくっつきやすく、どんどん増殖して虫歯になってしまいます。

虫歯の原因となってしまう細菌が増えて、強く手固い歯垢になってしまう前に、歯磨きでブラッシングする必要があります。

歯垢が歯についたまま、放置してしまうと3日くらいで石灰化が始まってしまいます。これには個人差がありますので一概には言えません。でもだいたい3日ぐらいだと言われています。

石灰化が進んでいくと歯垢は歯石というものに変化してしまいます。

歯石は歯垢よりも取り去るのが難しくなってしまいます。歯石は、虫歯や歯周病の原因になりやすく、もちろん口臭の原因にもなってしまいます。

歯には歯石はくっつきやすい場所があります。下の前歯の内側や上の奥歯の外側は、歯ブラシのブラッシングを忘れやすい場所なので、注意して歯磨きしなければいけないといけません。

歯石はいちど歯についてしまうと、歯磨きで簡単に落とすことができなくなるので、歯垢は歯石に変化してしまう前に取り除いてしまうことが大事です。

つまり毎日、毎回の食事の後に歯ブラシで歯磨きをしてしっかりと汚れを落とすということか大事だといえます。

歯ブラシと同じくらい大事なのが、フロスで歯と歯の間を掃除することです。歯間ブラシも様々なタイプのものがありますので、歯と歯の汚れも忘れずにきっちりと落としましょう。

つまようじで歯と歯の間の汚れを落とすことがとても難しいです。場所によっては、歯ブラシでも歯と歯の間の汚れはうまく取れない場合がありますのでフロスや糸ようじなどを取りいれて、歯と歯の周りを綺麗にしていきましょう。